◆レンタルサーバー選び〜専用サーバー〜

◆レンタルサーバー選びの専用サーバー
 レンタルサーバーを選ぶ際に一人の個人が専用サーバーを使うことは非常にまれです。大容量が必要で転送量が共用では性能が足りない場合に必要になります。

専用サーバーの運用サイト例

・ショッピングモール(決済システムを備えてた大型店舗)
・コミュニティサイト(数万人を超える会員数)
・動画/音楽の配信サイト
・メールサーバー
・ポータルサイト
・数千人の社員がいる社内サイト

上記のようなサーバーに大容量のスペースが必要で大量のトラフィックが発生するようなサイトには専用サーバーが必要となります。

専用サーバーの特徴

・1台のサーバーを占有できるので他のユーザーのトラフィックやリソース使用に影響されないでサーバーを使用できる。

・1台丸々レンタルするので、ほとんど全ての操作を行うことが出来る「root権限」を持つことが可能です。※事業者とプランによって変わります

・root権限があるため、本来共用サーバーではインストール用意されたソフトしかインストールできませんが、好きなソフトをサーバーにインストール可能です。

専用サーバーの選び方

予算を考えて、サポート体制の内容、アクセスがさらに増えたときにラック型の複数専用サーバーに移行できるかなどを確認しておく必要があります。 ※ある程度、サイト運営する側にもサーバー側の専門知識が必要となります。