◆レンタルサーバー入門〜メールについて〜

◆メールについて
 プロバイダーに加入するとインターネット接続の他に必ずといっていいほど、1つはプロバイダードメインのメールアドレスが割り当ててもらえます。電子メールサービスはインターネット普及の双璧をなすサービスです。

 このメールアドレスですが、プロバイダの場合は追加1件につき、月々の追加料金が発生します。レンタルサーバーをサブドメインでレンタルした場合にも好きなメールアドレスを割り当ててもらう事が可能です。

 これが独自ドメインでレンタルサーバーを借りるとドメインに対応したメールアドレスを数百から無制限に使うことが可能になります。もちろんそんなにメールアドレスを必要なわけではないのですが、社員分・サークル分など団体で人数分のメールアドレスが必要な場合にはとても重宝します。

 このメールサービスに関してもレンタルサーバーのサービスの方がきめ細かで汎用性も高いものになっている事が多いです。プロバイダのメールの転送サービスや迷惑フィルター、ウイルスチェックなどが有料なものがある反面、レンタルサーバーではほとんど無料で提供してもらえます。

 例えば通販などの商用のサービスを提供するのにサブドメインでHPを作って、問い合わせ用のメールアドレスは自分のプロバイダのメールアドレスを公開とかいうのはナンセンスで信用が落ちる可能性があります。こういった場合は独自ドメインでのメール運用が望ましいでしょう。