◆レンタルサーバー入門〜レンタルサーバーの種類〜

◆レンタルサーバーの種類
 レンタルサーバーを借りるときには大きく分けて3つの種類があります。それぞれレンタル料、速度、機能、カスタマイズの自由度などが順に高機能となっていきます。

 1.共用サーバー
 2.VPS仮想サーバー
 3.専用サーバー

◆共用サーバー(共用レンタルサーバー)
 1台のサーバーを何十人〜何百人でシェア(共用)して使用する形の使用方法になります。サーバーの設定は共通で行われるため、PHPやPerlなどの設定は借りるレンタルサーバーが提供してくれているものを使う事になります。(独自での追加インストールなどは不可)

 個人のサイト運営では共用サーバーで十分な機能を備えています。機能から料金・性能までとても幅広いです。無料レンタルサーバーも共用サーバーです。

◆VPS仮想サーバー(仮想レンタルサーバー)
 共用サーバーと専用サーバーの中間的な機能をもつサーバーです。1台のサーバーを共用で使うのですが、共用の仕方は仮想OSでシェアするので機能としては専用サーバー並みに自由度は高くなります。

◆専用サーバー(専用レンタルサーバー)
 1台のサーバーを全て占有して使用できるサーバーです。アプリケーションのインストールやセキュリティ設定など高度な知識が必要とされます。(一部はレンタルサーバー業者が対応してくれる場合もあります)

 1日のアクセスが大規模なサイト運営や会社規模の大きな法人で使用するような場合の用途での使用が想定されます。



 これらのサーバーの種類の中で無料レンタルサーバーや法人用レンタルサーバーが存在します。無料レンタルサーバーは共用サーバーが基本的な構成ですし、法人用サーバーは専用サーバーが基本的な構成となっています。