◆レンタルサーバー入門〜データベースについて〜

◆データベースについて
 レンタルサーバーの機能にはデータベースを使えるものも存在します。ここまでくると趣味のホームページからは一線を越した業務系の知識に近い専門知識が必要になってきます。

 データベースが動く有料のソフトとしては個人PCでも動くACCESS,サーバーにインストールして動かすOracle,SQLサーバーなどが存在します。とはいえこれらのライセンス料金は非常に高価なものです。

 レンタルサーバーで主に使用できるデータベースはMySQLやPostgreSQLなどがあり、フリーライセンスのため高価な費用をかけずにユーザーに提供が可能です。データベースを使用すると大規模なデータの管理や検索が容易になるため顧客情報や在庫管理などの用途で使用することが想定されます。

 これらのデータベースソフトを使用するにはレンタルサーバーにデータベースソフトがインストールされている必要があります。当然使用するとサーバーに負荷をかけることになります。データベースへのアクセスはデータベース操作用の言語であるSQLを使用しますが、SQLを呼び出す口はPHPなどを利用することになります。

 データベースは誰かが作ったものを使うといった用途では存在せず、自分がデータの管理をしたい時に、自分でデータベース及び操作用スクリプトを組むことになるため、専門の知識が必要になります。また動作確認をするのにサーバーを使うのはCGIと同様に危険ですので自分のPCでデータベースを動く環境を構築して検証していき、検証が終わったらサーバーに環境を構築するといった注意も必要になります。