◆レンタルサーバー入門〜CGIについて〜

◆CGIについて
 CGIとは「Common Gateway Interface」(コモン・ゲートウェイ・ インターフェース)の略ですが動的なサイトを作るのに必要なものです。元々ホームページはhtmlの記述されたドキュメントをインターネットを通してブラウザに表示するというものでした。

 ○静的なページ:固定のページ
 ○動的なページ:可変なページ

 この場合、例えばですが今日は「○○月□□日」ですホームページを表示する場合、毎日htmlの日付を変更してアップロードする必要があります。この可変の部分をCGIやスクリプト言語を使って実現できるのです。

 CGIはチャットや掲示板、アクセスカウンターなどで使用されています。もちろんこういった内容は静的なページしか作れないhtmlの記述では不可能です。CGIはperlやcで作成されたものがあります。CGIが動く条件としてはサーバーがCGIを動かすソフトをインストールしていて、CGIがサーバーに格納されている必要があります。なおかつhtml内にcgiを起動するための記述も必要です。

  「ブラウザがCGI起動の要求をかける」→「サーバーがCGIを実行」→「CGIが動く」

 CGIが動くとサーバーのCPUを消費しますので負荷がかかります。ですのでたくさんのユーザーが共有している無料サーバーなどはCGIは禁止されている事が多いのです。

続き