◆レンタルサーバー比較〜ネットショップについて〜

◆ネットショップについて
 インターネットが普及してホームページで商品を販売するショップが制作できるようになりました。楽天も最初は見向きもされなかったのですが、今では知名度を得て誰もが利用する総合ショッピングサイトになっています。ヤフーショッピングも有名なショッピングサイトです。

 ネットショップ運営は起業としては資金面での敷居が低く、副業としてはアフェリエイト等と比べると経営間隔と資金面でのリスクがあるためハードルは高くなる事業になっています。

 まず、なぜ資金面での敷居が低いかというと、初期の設備投資に必要な金額が少なくてすむからです。例えばラーメン屋や雑貨店、アクセサリー店を作る場合、まず不動産屋を探して該当する案件を見つけて、保証金を払い改装して準備をするだけで数百万円のお金がかかります。

 また、月々の家賃なども考えると、数十万円の固定費が発生してしまいます。立地がよければ最初はお客さんがきても、うまくいかなくなると何百万の赤字です。これでは一生に一度のチャンスにかけるしか個人ではなかなか起業はできません。

 それに比べるとネットショップの初期投資の開店資金は少なければ1万円以下(商品の仕入値は別)で始めることができます。お店はHPを制作すればいいのと、商品を置くのは自宅でも何ら問題なくはじめれるからです。

 副業としてのハードルが高いのは、規模は小さいとはいえもちろん事業をするわけですから経営感覚が必要です。仕入と在庫管理、ショップHP作成、受注、発想、顧客対応と様々な作業が発生します。まずはアフェリエイトとヤフーオークションなどで経験を積んでからの方が挫折する可能性はへるかもしれません。

 月に数万円の維持費がかかっていた運営費も、今となっては場合によって数千円クラスでなく数百円といった内容でも運営が可能なのです。そしてネットショップの人気と普及によって誰もがネットショップ運営をはじめたため集客できるお店と閑古鳥の鳴くお店の2極化が進んでいます。

 さて、次に最低限の必要な準備物としてはインターネット環境を備えたパソコンとデジタルカメラ(カメラ付き携帯)があればネットショップ開店前の準備物としては問題ないです。