◆レンタルサーバー比較〜ドロップシッピングの種類〜

◆ドロップシッピングの種類
 ドロップシッピングの種類という事でサービス内容や無料・有料の料金設定、配送・決済の仕組みなどについてどういった種類があるかを解説します。

【サービス料金】
 料金に関しては完全無料のDSP、扱う商品数によって無料〜有料になるDSP、業者によっては何十万もの初期費用が必要な場合もあります。ここで注意して欲しいのですが、最初に始める場合は無料のDSPから始めるのが絶対にお勧めです。

 DSPに対するドロップシッパーが多くなると、売れる数も増えるため在庫もたくさん抱えれるのですが、有名でないDSPの場合は初期費用が高額になります。初期費用が何十万もかかりWEB制作から全てサポートして完全返金対応とかを歌っているDSPは詐欺的な会社もあるので避けるべきです。 そもそもドロップシッピングは簡単に始めれても簡単には儲けれるものではないので、完全返金対応とかいう時点で怪しいです。

【サービス内容】
 商品説明文や写真の提供は、ほぼ全てのDSP提供してくれています。ドロップシッピングを始めるにはHPの制作スキルがある程度はあったほうがよいですが、DSPによっては用意されたツールを設定していくだけでショップができあがるものもあります。その他にもアクセス解析やメルマガなどのマーケティングや集客ツールについても有料・無料でのサービスが存在します。

【配送・決済】
 配送・決済については完全にDSP側で対応してくれる場合と、一部をネットショップ側で受け持つ場合と、ネットショップ運営と同じようにほとんどを運営側でおこなう場合があります。

 基本的にはネットショップ運営側はサイト制作と集客に力を注ぎたいので配送・決済は完全にDSP任せにできる方が手間を考えて時間的にも有利です。現在ネットショップを経営している人や将来ネットショップを運営する予定の人は自身で発送する事もいい経験になるかもしれません。

 また注文からキャンセル、返品が発生する場合もありますのでドロップシッピングを初めてはじめる初心者は配送や顧客対応は完全お任せのDSPを選ぶのがよいです。