◆レンタルサーバー比較〜ドロップシッピングについて〜

◆ドロップシッピングについて
  さて、ご存知の方もいるかと思いますがネットショップの運営としてはドロップシッピングで運営するという方法があります。 ネットショップ経営は起業としての資金面での敷居はかなり低くなりますが、副業としては在庫を多く抱えるために、もし売れなかった場合の在庫リスクが存在します。手作りアクセサリーのように受注してから制作するような形のショップであれば全く問題ないのですが、そういった形態がとれるショップは非常に限られてしまいます。

 そういった懸念をさらに減らすことができるドロップシッピングはアフェリエイトとネットショップ経営を合わせて2で割ったような形のショップ構成、ショップ運営になります。

 ドロップシッピングはDSP(ドロップシッピングサービスプロバイダ)と呼ばれるプロバイダが在庫を抱えて管理し、ショッピングカートなどのシステムをショップ運営者に提供をおこない、ショップ運営者はホームページの制作と集客に専任するという形で運営が進みます。

 ドロップシッピングは始まった頃から大きくサービスの内容やDSPの数などが精査・淘汰され変化してきています。最初の頃と比べて数は減りましたが今ではかなり安定したサービスが提供されています。 参考までにISP(インターネットサービスプロバイダ)やASP(アフェリエイトサービスプロバイダ)などは有名なプロバイダかと思います。

 ドロップシッピングはDSPが商品を仕入れて、販売システムをネットショップ運営者に提供してくれます。DSP自身も商品を販売しているので、在庫はDSPが一括で揃えてくれています。ネットショップ運営者は販売システムを使ってHPを作成して集客して販売することに専念できます。

 元々はDSP独自が販売する補足であったドロップシッピングが逆にドロップシッパーの数が莫大に増えたのとレベルがアップしたことによりドロップシッピングが大きく発展してきました。DSPはある程度の売れる見込みの分だけ商品を仕入れ、自身が売った分とドロップシッパーが売った分で在庫が無くなればまた仕入れるという形を取れるので、ネットショップ運営者は在庫を持たなくてよいのです。

 ただ、DSPは商品数を多数揃える必要があるのでかなりたくさんの在庫を抱えることになります。そのため色々なDSPが出来てはなくなったりしてきました。顧客から注文があった場合の発送と決済はDSPによって違いますが、基本的にはDSPが対応してくれます。 ネットショップは物販ですので商品毎に値段も決めれます。最低販売価格は設定されていますが、ドロップシッパーが値段設定も出来ます。ただ価格比較されるので基本的に最低販売価格に合わされての設定になります。