◆レンタルサーバー比較〜独自作成ショップ〜

◆独自作成ショップ
  ショップ作りとしては一番時間がかかる方法ですが、自身でホームページ作成技術があったり、どうしても自分が考えたデザインを作ってもらいたい場合は独自にネットショップデザインを構築してショップをオープンするという方法もあります。

 この方法はほぼ全てのデザインを自身で決める事が可能です。トップページからカテゴリーページ、商品ページにいたるまで好きなレイアウト、好きなデザイン、好きなサイズで作れます。

 ただし、決済を行う部分については自分で作る事は難しいです。まずユーザーの入力情報を暗号化して守るSSLページを作らないといけません。これはお手軽な価格のレンタルサーバーにはついていません。

 そこでショッピングカートを別の機能としてレンタルサーバー毎レンタルしているサービスを使用することになります。自身で作ったショップから商品をお買い物カゴにいれて決済する際は別のサーバーに移動して決済処理をする事になります。

 このショッピングカートの処理を自分で作るとなるとプログラムの知識と通信に関する知識、サーバーのデータベースの知識など膨大な知識と膨大な時間をかける必要があるので初心者はもとより、WEBの中級者でも手は出さない方がよいです。

 ショッピングカートをレンタルすると場合によってはクレジットカード決済にも対応しているところもあるのでクレジットカード決済を導入したい場合は別途申し込みが必要となります。

 こういったショッピングカートは月々のレンタルになりますが、システムごと買い取るサービスやネットショップオーナーといったソフトで一括の買取型の仕組みも存在します。買取型のショッピングカートは1万円〜数万円での値段ですので5年以上ショップの運営を続ければこちらの方が費用は節約できます。