◆レンタルサーバー比較〜ショッピングモールへの出店〜

◆ショッピングモールへの出店
  楽天やヤフーのショッピングモールに出店するという方法です。月の固定費は2万〜5万ほどですが数万円かかります。また契約するプランや売上実績にもよりますが、売上の中から数パーセントを手数料として引かれてしまいます。

 ショッピングモールの出店に関しての一番のメリットは集客力が非常に高い点にあります。ネットで買い物をする際によく使うサイトであったり、会員数が多数いたり、信頼性や知名度などから考えても大手ショッピングモールを使用する人が多数存在します。

 費用についてですが、おそらく固定費としては一番高い部類に入りますが、真剣に商売をする場合にはとてもリーズナブルです。もし店舗を持った場合には月の家賃は10万〜50万はするでしょうし、一人で店番をするのは売上に影響するため、一人社員を雇った場合に給料を15万〜25万に設定したとして、実際は40万くらいの人件費がかかります。

 実店舗の場合、最低限50万以上の利益を出さないと赤字ですので売上は200万、300万は必要になってきます。それを考えるとネットショップは月数万のショッピングモール代ですむわけなのでかなり経費削減ができるのです。家賃は自宅や会社で作業すれば問題ありませんし、注文が少ないうちは注文が入ったら自分で配送をすれば人を雇う必要もないので人件費もかかりません。直接の接客がいらない配送作業だけであればいつでも誰でも作業可能です。

 このショッピングモール出店は実際に店舗で販売を行っている会社が、販売ルートの一つの部門として出店している場合もあります。売れれば売れるだけ払う手数料の合計は増えるにもかかわらず、出店店舗が多数そろっているのはそれだけ集客力があるからなのです。

ショッピングモール

説明

楽天への出店検討は無料の資料請求からはじめてください。