◆レンタルサーバー比較〜出店方法の選択〜

◆出店方法の選択
 出店方法の選択をする前にある程度お店のコンセプトを決めておく必要があります。コンセプトとはどういった商品をどういったターゲット層にどういったイメージの店舗(ネットショップ)で販売していこうという計画の基礎的な部分です。最初からやりたいコンセプトが決まっている場合はそれがうまく行くかどうかの検討をする必要があります。

 では何を販売するかを決めなければなりません。基本的に何でも売っているというようなお店はダメです。総合ショップは商品数と在庫がないといけないのでこれからショップを開業するという場合には向いていません。

 例えば手作りアクセサリーを利益度についてはあまり考えないで販売してみたいという場合は、すでにコンセプトが出来上がっています。自身が作った作品を欲しいと思ってくれる人に、自分の好きなデザインのショップで販売すればいいのです。

  商品選びと仕入れの方針や準備が固まったら、平行してホームページを準備していく必要があります。ホームページはお店の顔になるのでとても重要な作業となります。見た目のデザインはとても重要で手作り感が出ていたりするのはコンセプトとしてプラスですが、あまりにも乱雑さやお粗末なホームページではとても商品を販売しているショップには見えないのです。

 それではホームページ作りに必要なレンタルサーバー選びに入っていきますが、基本的には必ず有料のレンタルサーバーを借りる必要があります。これは決済に使う顧客の入力データを暗号化して守るSSL技術が必要だからです。

 無料サーバーはSSL対応されていない場合が多いですし、なんといってもサービスが停止しても文句がいえません。代わりのレンタルサーバーにショップを移動しようとしてもドメインが変わるので今までの顧客は全て失うことになる危険性もはらんでいます。ネットショップ開店の出店方法にはいくつかのパターンがあります。

 1.楽天やヤフーなどのショッピングモールへ出店する。
 2.ネットショップ開業パック付きのレンタルサーバーを借りる
 3.独自でホームページを作ってショッピングカート契約を別に行う。


 1に関しては独自ドメインは取りたくてもとれませんが、2.3に関してはレンタルサーバーのサービス終了の可能性も考えて独自ドメインを必ず取っておいてください。